無印良品 文庫本ノートの使い方 日記に仕事に自由にアレンジ !!

商品レビュー

シンプルなデザインと作りで人気の無印良品。
今回はそんな無印良品の文房具の中から、文庫本ノートをご紹介します。

文庫本ノートの使い方は、日記を書いたり、仕事のアイデアをメモしたり、絵を描いたり、あなたの使いたいように自由にアレンジ出来ますよ。

無印良品 文庫本ノートのサイズと価格

無印良品の文庫本ノートのサイズは、148mm × 105mm
2種類あって、枚数が144枚と48枚があります。

この画像でサイズ感伝わりますかね?

私は、144枚の方を購入しました。
決め手は、144枚の方が文庫本感が強い・・と感じたので。^^

価格は、144枚が120円(税込)、48枚が100円(税込)です。

無印良品 文庫本ノートの良い点と改善して欲しい点

☆良い点

その1.紙質がサラサラで、とても書きやすいです。

その2.スピン(紐のしおり)がついているので、開きたいページが直ぐに開けます。

その3.文庫本サイズですから、持ち運びに重宝します。
私はジーンズなどの後ろポケットに入れ、直ぐに取り出せるようにしています。

その4.とにかく安い!

★改善して欲しい点

その1.表紙、裏表紙の紙が薄く、前述した通り私は、ジーンズの後ろポケットに入れ、そのまま運転とかしますので結構、傷みます。

表紙、裏表紙の紙がもぅ少ししっかりしていればとも思いますが、個人的には、この傷みも「使い込むほど味が出る!」と思う方なので、あまり気にはしていませんが・・・

その2.文庫本ノートにはボールペンでサラサラと心地良く書き込んでいるのですが、多少、裏写りします。特に油性ボールペンやインク量の多い筆記具は顕著です。

まぁメモ帳として使っている私は、あまり気にしておりません。値段も安いですしね~

その3.文庫本ノートを開いた時、フラットにはなりません。開いたままの状態にするには手で押さえておかなければなりません。

文庫本と同じ作りですから仕方ないですけどね~

以上、良い点と改善して欲しい点を挙げましたが、改善点に関しては、あまり気にしていません。
と言うより、良い点が改善点を上回っているので、結果、気にならないかな・・って感じです。

無印良品 文庫本ノートの使い方

無印良品のアイテムは、シンプル!
シンプルだからこそ、使う人の個性が出ますね。

今回ご紹介の文庫本ノートも本当にシンプルな商品ですから、あなたの個性で自由にガンガン使えますし、それによってこのノートへの愛着も湧いてくるでしょう。

使い方としては、日記を書いたり、スケジュールを書いたり、イラストを描いたり等々、色々ありますが、私は、ちょっとしたアイデアや気になった言葉や商品名などをその場ですぐに書き込めるメモ帳として使っています。

なので、常にジーンズの後ろポケットというわけです。

あなたの個性を引き出す「無印良品 文庫本ノート」チェックしてみて下さい。

そうそう、スケジュールや仕事面でのチェックには、私はファイロファックスのA5システム手帳を使用しています。
宜しかったら、以下の記事もご覧になってみて下さい。

⇒ 【文房具】ファイロファックス A5 システム手帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました