【茅ケ崎】湘南ル・ショコラBunzooさんが閉店します

スポンサーリンク
茅ケ崎
スポンサーリンク

生チョコ生みの親である小林正和シェフのお店

湘南ル・ショコラBunzooさんが2020年10月31日をもって閉店します。

私は、お店には数回お邪魔しておりますが、それ以上にBunzooさんの生チョコやケーキを

口にしております。

それは、先ずバレンタインデーでBunzooさん生チョコを頂く率がとても高い。

(義理チョコですが・・・笑)

誕生日は、かならずBunzooさんのケーキを家族からプレゼントしてもらえる。

(私へのバースディケーキというより、自分達が食べたいようで・・・苦笑)

とにかくBuzooさんファンは多いのです。

スポンサーリンク

新天地は、シェフ実家の長野県飯山市の予定

閉店の知らせを聞いて私の周りでもショックを受けた方が多いのですが、

今後はシェフ実家の長野県飯山市に移住され、お菓子作りは続けられるようですし、

ネットショップでは購入可との事ですので、ちょっとホッとしましたね。

お店に行って買う楽しみがなくなってしまうのは残念ではありますが・・・

 

※ 閉店したBunzoo(ブンゾー)さんのその後・・奇跡の生チョコが・・・の記事は

⇒ こちらからどうぞ

 

では、気を取り直して、商品のご紹介を。

やはり1番人気は生チョコ

生チョコ・ミルク

(画像提供:Bunzoo)

1987年当時のレシピのまま一粒一粒手作りされている生チョコです。

  • 12粒入り   972円 (税込み)
  • 20粒入り  1,296円 (税込み)
  • 42粒入り  2,484円 (税込み)

 

生チョコ・イチゴ

(画像提供:Bunzoo)

ホワイト生チョコにフリーズドライのストロベリーが散りばめられたイチゴの生チョコです。

  • 12粒入り  1,134円 (税込み)
  • 20粒入り  1,512円 (税込み)

 

生チョコ・抹茶

(画像提供:Bunzoo)

九州は福岡のブランド茶「八女茶」を使用した和テイストの生チョコです。

  • 12粒入り  1,134円 (税込み)
  • 20粒入り  1,512円 (税込み)

 

生チョコ・紅茶アールグレイ

(画像提供:Bunzoo)

フランス直輸入の最高級アールグレイ茶葉をふんだんに使用した紅茶の生チョコです。

  • 12粒入り  1,134円 (税込み)
  • 20粒入り  1,512円 (税込み)

 

いずれの生チョコも賞味期限は要冷蔵で14日ですが、
新鮮な生クリームを使用しているため、賞味期限内でも開封後はお早めにお召し上がり下さいませ。

生チョコ物語(小林シェフ談)

(画像提供:Bunzoo)

「16時間という時間をかけて溶かす。少~しずつ温度を上げていくと、チョコレートは温まって気持ちが良くなり、ウトウトってし始める。自分が溶けていくことに、まったく気がつかないわけです。

そこへ、今度は独自の製法と一定の温度で調整した生クリームを静かにそぉ~っと流し込んであげる。そうすると、お互いの結晶を壊すことなくいつの間にか仲良しになって、本来のチョコレートが持つ豊かな風味を100%発揮してくれるんです」

 

これだけ手間隙をかけ作られているわけですから、1度口にされた方が虜になるのも納得ですね。

湘南ル・ショコラBunzooさんはコチラ

  • 住所 : 神奈川県茅ケ崎市中海岸4-1-38
  • 電話 : 0467-50-0366
  • 営業時間 : 9:30~19:00 ( 土日は18:00まで )
  • 定休日 : 毎週月曜日と第三火曜日
  • HP : http://www.nama-choco.com/

閉店までにお店に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

※ 閉店したBunzoo(ブンゾー)さんのその後・・奇跡の生チョコが・・・の記事は

⇒ こちらからどうぞ

コメント

  1. […] ⇒ 閉店詳細記事はこちらからどうぞ […]

タイトルとURLをコピーしました