【鎌倉】甘味処「茶房 雲母(きらら)」の絶品 白玉

スポンサーリンク
鎌倉
スポンサーリンク

閑静な住宅街にある一軒家の甘味処、雲母。

平日でも開店前から行列の出来る人気店で、お客さんのお目当ては白玉です。

スポンサーリンク

茶房雲母の絶品白玉

大きな手作りの白玉は、注文を受けてから茹でられるので、ほんのり温かく、フワフワの食感とモチモチの弾力です。大きさはゴルフボール位でしょうか、「食後のデザートに・・」というよりは、白玉で一食済ませるくらいのつもりが良いかと思います。

雲母さん、最初は手作りの白玉を冷やしてお出しされていたそうですが、お店の人気が上がっていくにつれて冷やしている時間がなくなり、ちょっと抵抗はあったものの蒸したてを出したところ、これが「美味しい!」と評判になり、以来、注文を受けてから茹でるスタイルとなったそうです。

きな粉大好きなので、白玉きな粉を注文してみました

まず、熱いほうじ茶とお漬物、それに黒蜜が運ばれてきました。

お漬物は、晩菊漬けで山形の名産らしいのですが、このお漬物が後程、とても良い役割を果たしてくれます。

きました~、白玉きな粉。

大きな白玉7個にたっぷりのきな粉、これに黒蜜をかけると白玉の食感にほどよい甘さが加わり、おもわず笑みがこぼれます。

で、先程ご紹介した晩菊漬けの良い役割とは、白玉きな粉を数個食べ、途中でこのお漬物を食することで、お口が一旦リセットされ、最後まで白玉きな粉の味を存分に楽しめます。フランス料理のコースなどで出てくる、お口直しのシャーベットのような役割といったところでしょうか。

この晩菊漬けは、すべての甘味に付いてきます。

宇治抹茶白玉もおすすめ

緑色の白玉には京都、宇治の抹茶が練り込まれています。

こちらは、黒蜜ではなく特製の抹茶シロップが付いてきます。これは黒蜜をかけるとせっかくの抹茶の香りが飛んでしまうとのことで、抹茶白玉に抹茶シロップで抹茶の香りを堪能しながら召し上がることが出来る一品です。

行列の出来る「茶房 雲母さん」、多少並ぶことを覚悟の上、早めの時間に行かれることをおすすめします。

「茶房 雲母」店舗情報

  • 住所 : 鎌倉市御成町16-7
  • 電話 : 0467-24-9741
  • 営業時間 : 11:00~18:00(L.O 17:30)土・日・祝 10:30~
  • ※混雑時にはラストオーダーが変更になる場合があります。
  • 定休日 : 無休

コメント

タイトルとURLをコピーしました